FC2ブログ

海野雅威の気まますぎるdiary

サッカーのこと

サッカー日本代表やりましたね!

決勝トーナメントに進出できるなんてほとんどの人が思っていない中でのこういう展開にはスカッとします。岡田監督や選手への批判が目立っていて「史上最弱」の日本代表なんて言って諦めていた人達や、そのように煽っていた一部のマスコミって本当に勝手だなー。早速「岡ちゃん、ごめんね」が流行語になりはじめているそうですね(笑)チームは団結して勝てたのに、応援する方は団結して見放していたというのはあまりに悲しい。



案外こちらニューヨークでは予選突破前から日本チームの印象は良いみたいで、ちなみにバーの店員、タクシーの運転手にも「日本はいいチームだね」と言われました。

こういうギャップはサッカー以外でもよく感じられます。これは自分の国に誇りを持てない、持たせないように教育された影響なのでしょうか?愛国心という言葉を聞くと、恥ずかしい事に思えたり、怖く思えたり、極端な右翼のイメージを連想させられたり、どこか戦争にも結びついていってしまうようにさえ感じられてしまいます。

こちらでは地下鉄の車両には当たり前のように国旗が書かれています。ベースボールを見に行けば国歌を必ず歌います。日本でそんな事したらきっと文句を言う人が出てくるのでしょう。

国際試合などの大舞台では国旗、君が代は堂々としていられるけど、何もない日常の日本国内では肩身が狭い。アメリカ人はよくも悪くも高い誇りを持っていて、日本人はなぜか誇りが無さ過ぎる。もちろん歴史的背景や宗教観の違いも大きいのだろうけれど、なんとも日本は歪んだ不可思議な国なんだなと最近つくづく感じます。



そんなわけで、サッカー日本代表の事を日本人である僕らが初めから応援しないでどうするんだと思うわけです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する